ホーム > トリヤマ音楽教室トップ > こどものためのリトミック > リトミック Q&A

リトミック Q&A

リトミックイメージ

Q リトミックって何ですか?
A  リトミックは、スイスの音楽教育家・作曲家であったエミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)によって提唱された音楽教育の考え方です。
音楽と動きを融合した教育スタイルに特徴があります。

 ダルクローズは、19世紀後半~20世紀初頭にかけて、音楽学生の基礎トレーニング(ソルフェージュ、イアー・トレーニング)の授業をおこなう過程で、“学生の音楽的センスを高めるためにどうしたらよいのか”という課題に直面し、いろいろと試行錯誤しました。

 日本では既に明治時代に紹介されています。
山田耕筰も、ドイツ留学時にダルクローズのアトリエを訪れて、大きな刺激を受けたようです。
その後、現在の日本においてリトミックは音楽教育だけでなく舞踏(ダンス)・演劇・幼児教育・障害児教育などでも、応用・指導されています。
Q リトミック教育の目標は?
A ・情操教育(心の教育・人間教育・自立心など)
・音感教育(音感・リズム感・拍子感・音楽の楽しさなど音楽の基礎)
・知育教育(言語・数・感覚) が、リトミックのねらいです。

 ダルクローズは、「心と身体の一致・調和を促す」「音楽的なセンスを培う」と述べています。これをより具体的に考えてみたとき、リトミックは一人ひとり様々な目的で経験されると思います。ある人は、音楽的センスを高めるために、ある人は音楽しているときの喜びを味わうために、またある人は音楽を通してコミュニケーションを楽しむためになどです。
 要するに、リトミックは音楽を通じて、一人一人の自己実現の空間となるのです。

リトミックイメージ

Q リトミックとダンスはどこが違うの?
A  リトミックもダンスも、身体の動きを用いて表現活動をします。
しかし、ダンスでは身体的なトレーニングが重要です。動きの善し悪しは、そのまま表現の結果に反映されるのです。その一方でリトミックは、動きを通して音楽を学ぶ方法と言えます。
 あくまでも学習の結果よりも、その学習過程で経験する想像性や創造性のセンス獲得にウエイトが置かれているのです。

リトミックイメージ

Q リトミックではどうしてピアノレッスンをしないのですか?
3・4歳からピアノを始めた子どもたちに遅れをとりませんか?
A  文字を習う前におしゃべりをしたり読んだりするように、音楽学習の初期では(ピアノや楽器に触れる前に)音楽を聴き、 音楽を感じ、その音楽の意味を理解することが大切です。
 ピアノのテクニックは、音楽をどう表現したいのかという思いがあってこそ役に立つのです。 そこで、音楽の学習(リトミック)では、まず誰もが持っている動きを通して音楽を経験し、その特質を味わうのです。
 やがて、リトミックの中でピアノに触れる機会が生じます。
そこではリトミックで経験した音楽的なセンスを基礎に、ピアノの鍵盤を使って「音楽する」のです。
 3~4歳からピアノを始めた子ども達よりも進度が大きく遅れるのでは、という心配は無用です。
Q 男の子なのでリトミックよりスポーツの方が良いのではと少し思っているのですが?
A  いろいろなスポーツに親しむことはとてもよい経験です。
スポーツでは反射性や反応力、判断力や創造力など、多くのスキルが必要です。 それらの能力がある程度そなわっていなければ楽しめないかもしれません。
 リトミックでは、スポーツや生活に必要ないろいろな感覚的センスを総合的に経験しているのです。リトミックは年齢はあまり関係ありません。幼い人はそれなりに、キャリアのある方もそれなりに、いま自分が持てるスキルを用いて音楽に参加し、心と身体の調和した体験をすることに意味があるのです。

リトミックイメージ

Q 下の子がいるので一緒にできないのですが?
A  1~3歳のお子さんの場合は、そういうケースが多いです。
ただ意欲的に参加するのはよいことです。学びたいときが、学習の最適期と言えます。 下のお子様が主体的に参加しているのなら、その姿を温かく見守りましょう。
 そしてカリキュラムの中には、お母さんと一緒にするテーマもありますが、その部分は先生が配慮しながらレッスンを進めます。
この場合は、受付か担当の先生と相談を重ねて進めていきましょう。
Q 3歳の我が子が、私の側からなかなか離れられなくて困ります。もっとお友達と活動できるようになって欲しいのですが。
A  お気持ちはよくわかります。
子どもの心に寄り添って考えてみましょう。おそらく、お子様はお母さんの側が最も安心できる場所なのでしょう。この時期の子どもがお母さんの側から離れることは、とても大きな勇気と自信が必要なのです。
 しかし、お母さんの側から離れられないでいるといっても、 同年代の子どもの姿は気になっているのだと思います(じっと友だちの姿を見つめているかも知れませんね)。
時に「(友だちと)一緒にやってみようよ」と行動を促してみるのもいいかもしれません。もし少しでも参加したらしっかりと誉めてあげましょう。
 要は、親の側から離れられるようになるまで辛抱強く見守るのがポイントです。
そこでは、親の願い(友だちと一緒に活動できるようになってほしい)を無理強いするのだけは慎みましょう。
Q お友達にもリトミックの良さを教えてあげたいのですが、具体的にどう説明したらよいのでしょうか?
A  リトミックの良さは、これを経験した人が最も音楽の良さを味わうことができます。
まずは一度経験してみることが、 ポイントとなるでしょう。
リトミックについて話をするよりも、実際の様子を見てみることを、見るよりも(リトミックを)実際に経験してみることをお勧めします。
 音楽は、見たり聴いたりしただけの人よりも、実際に音楽に参加した人が最もその楽しさを味わうことができるのですから。
Q 2歳の娘を幼児リトミック教室に通わせています。幼児向けのビデオを観ていつも楽しそうに踊っていたので4月から始めました。当初は、家庭内でみられる反抗期の姿とは裏腹に、先生の後について積極的に参加していました。
 ところが最近は(お友だちを意識する時期に入ったようで)教室の最中でもおっかけっこが始まって、先生の呼びかけも耳に入らない様子。お友だちと遊びたいのなら公園へ連れて行った方が良いのかなと考えています。折角だからこのまま在籍して教室へ通わせた方が良いのか、それとも辞めてしまうべきか思案中です。ちなみに、娘は近々3歳になります。リトミック教室へ「行きたくない」と言ったことは一度もありません。
A  楽しくリトミックに参加されているご様子、とても嬉しく読ませて頂きました。
お子さまの興味は、先生の姿から友達との関わりへと移行しているようですね。おそらくリトミックの先生も、そうしたお子さまの姿を見てさまざまな工夫をされているだろうと思います。
 この時期、確かにお友達と一緒に遊ぶことは大切な体験だと思います。
しかし、そのことはお子さまが音楽を避けようとしているのではないと思われます。
長い目で見たとき、いま周囲の友だちとの関わりを絶つことや、お子さまが潜在的に持っているところの資質、つまり音楽を「聴く」(心を焦点化させて音楽と関わる)という機会を失うことの方が残念に思われます。
 人の話を聞いたり、相手の思いを受け止めたり、音楽の繊細な変化に気づいたり、というのは特に大切な体験です。おそらく、お子さまは友達との関わりを楽しみながらも、無意識な体験を通して、音楽をしっかり聴いているのだと思います。
 言葉の学習(語彙の獲得)を考えてみると分かり易いと思います。
言葉を覚えるのは、周囲の様々な語りかけが欠かせません。周囲の優しい言葉遣いを聴いて、優しい言葉を獲得していきます。音楽も同様です。周囲の者からさまざまな音楽で語りかけもらう体験を通して、様々な音楽的語彙(音楽を特徴づけている様々な要素を聴き分ける体験)を獲得し、音楽で語りかけてくれている人の気持ちに触れているのです。
お子さまがリトミックを嫌がっているのならともかく、音楽参加に抵抗を感じていないとしたら、それは、これまでの保護者・教師の関わりが、それなりにうまく進められてきたということの証でもあると思います。
 お子さまは毎週リトミックに通う中で、遊びの感覚を通して多くのことを学びとっているのです。
 もう一つ、この時期に大切なことは、子どもが学んでいるときに、子どもと取り囲んでいる大人も一緒に学ぶ姿を見せること。
 子どもは、周囲の大人が学んでいる姿をみて、(子ども自身が)学ぶことの楽しさや面白さに触れ、そして「学ぶ方法」を学んでいるのです。
長い目で、音楽と関わり、音楽の奥深い喜びに触れ、子どもたちが音楽することを「生涯のパートナー」としていくのを共に支援していきましょう。